クルマの買取査定に走行距離は影響しますか?

今利用中の車売りたいと思っていれば中古車買取専門店に査定を依頼するのがオススメです。とは言ってもどのようなポイントを車の査定の評価にしてるのかわかると言う人は少ないかもしれませんので、こちらでは、よく紹介されているポイントの中の1つの走行距離についてどうすれば相性高く売れるのかというポイントを紹介していきたいと思います。走行距離はどのぐらいの目安で売却に評価を与えるのかというところを紹介していきますので参考にしていただければと思います。



くるまの走行距離は車査定の評価に関係する?

ご存知の方も少なくないのかもしれませんが車の査定で査定額に影響与えるポイントは1つが年式、1つが車の状態、1つが走行距離の全てで3つです。なぜこのようなポイントで査定の評価が決まるのかと言えば走行距離を見ることで、実際その答えがどれぐらい使われているのかを知る事で車の寿命が把握できると言われているからです。当然ではありますが半永久的に走り続けるわけではありませんので車の部品が走れば走るほど消耗していくために消耗すると言う事はその分寿命が短くなると考えているからです。逆を言って言えば部品が消耗していないと言う事はまだまだ寿命が長いと言うことの証明となりますので、走行距離が長い車とそこ距離が短い車であれば一般的にはそこ距離が短い車の方がまだまだ寿命が長いと判断するため査定額が下がりにくいと言われています。



査定額が下がってしまう走行距離とは??

走行距離を基準とした査定額の評価ポイントで最も目安となるのが50,000キロ台と言われています。40,000キロと50,000キロではかなり査定額の変化があると言われ大幅に価値が下がり始めます。日本国内においては1年間で走行距離が平均的に10,000キロ乗ると言われていますので、走行距離が50,000キロ台と言う事は年数にすれば5年以内の車がまだまだ寿命が長いと考えられているため査定額はここを境に大きく変動すると言われています。ですのでできるだけ車を高く売りたいと考える場合は50,000キロになる前に査定を検討することがお勧めです。ちなみに日本国内では100,000キロ以上の車には価値がないと言われているいますが、この理由としてはやはり部品の消耗が激しく故障のリスクが高いために査定額はかなり下がると思っていて間違いないでしょう。



走行距離とクルマの寿命とその関係

何度もお伝えしていますが走行距離を見ることで車の寿命がある程度理解できます。走行距離が長くなればなるほど車に使われている部品は消耗していくため寿命はどんどん短くなっていくと考えられています。ですので100,000キロ以上も走っている車の場合は買取業者も査定額をつけない場合が多くなってきます。100,000キロ以上の車に関して言えば査定を受け付けていない場合もあるため売却を考えている方は確認が必要です。とは言え買取業者にも様々な専門分野がありますので、万が一古い年式の車の場合は走行距離が100,000キロ以上も走ってる車の場合は、できるだけ多くの販路持っている業者の査定依頼をすることで、全く無価値な査定にはならない可能性があるため検討するのが良いでしょう。



走行距離が短すぎても買取査定額が下がる?

走行距離が短い場合でも査定額に影響があり思ったよりも上がらないこともあります。車は特性上、精密機械ですので毎日動かさないでいると、思わぬアクシデントが起こる場合があります。部品が錆びていたり、ゴム製のパーツが劣化して割れてしまったりと、いろいろ不具合が出てしまうことがあるんです。ですので距離が短いからといって必ずしも高くならない。ということを覚えておきましょう。一般的に言われている所の好条件を引き出せる条件と言うのは適当に車が動かしていて、条件に合った状態の車にいえることになることなのです。



最も高く売れやすい走行距離の目安

車の買取査定で高額査定が期待できる走行距離と言う目安は、30,000キロから50,000キロ台の車両と言われています。このぐらいの距離を走っている車両であれば走行距離が多いと言うこともありませんし年式も古くなる可能性が非常に低いため査定額が高く評価される可能性が期待できます。当然ながら年式は新しければ新しいほど査定額が上がる可能性が期待できますしそこからが短ければ短いほど期待度は高くなるということになります。



車査定の評価は走行距離が関係していることを理解しよう!

これまで説明させていただいた内容で車の買取査定には走行距離が大きく関係していることがわかっているいただけたのではないでしょうか。車の買取業者はビジネスとして車の買取をしているため、例えばどのような状態であっても利益が望めるものには査定額が高くつく可能性がありますし得るのが難しい人気のない車両の場合は、安く買い取る傾向となるでしょう。日本国内においては走行距離が評価されている割合が高いため、走行距離の多い少ないはかなり影響してくるものと考えられます。例えばどんなに高級な車であっても走行距離が50,000キロ以上超えているもっと言えば100,000キロ超えている車両であれば、新車価格からは考えられないような低い価格で取引されてる場合がほとんどとなります。国内を起点に活動されている買取店の多くはそこ距離をしかなり重視しますが逆に海外に販路を持っている買取業者はそこ距離はあまり気にしない傾向もある場合もあります。そのような業者は数は多くはありませんが、そのような評価ポイントもあると言うことを理解して売却作業をすすめて行きましょう!